GT−γとオークション

最近オークションという言葉を良く耳にする。俺自身そういうものには昔から興味がない性格である。だから聞いても「ふ〜ん」程度で片付いていた。使わなくなった釣り道具を出すのならそれはそれで資源の有効利用であるから全然問題ない。むしろ使わないで物置なんかにほっておかれるより、譲られて新しい持ち主に使われたほうが道具も幸せだろう。釣り道具は使われるために生まれてきたのだ。使うたびに手入れをしてくれるオーナーならなおさら幸せだろう。

ところが新品のルアーを購入して使いもせずにすぐにオークションに出す人がいるらしい。その目的は明らかに金儲けである。カーペンターのGT-γは5000円前後の物が16000円もの値がついたそうだ。そうなると使いたいから買う人だけでなく、オークション目的で買う人が現れるらしい。俺に言わせたら「そんな奴は買うな!」である。このルアーを作っている小西健滋はとにかく真面目で熱心でいつも一生懸命の男である。それはルアー1個1個を見ればわかる。どれもが完璧といえる出来栄えである。それは購入者を心から大切にしたいという気持ちの現れである。そんなビルダーが不眠不休で働いて作ったルアーを使いもせずにオークションに出す。このルアーは生産が追いつかないほど人気が高く、全国に欲しくても買えない人がたくさんいる。俺の店でもたくさんの予約を受けているが、その数分の1しか入荷しないので、買えない人がほとんどだ。ほんとに欲しくて仕方ない人はとうとうオークションで落札、馬鹿高いGT−γを手にする。可哀想としかいいようがない。そして儲けた売主は微笑んでいるのだろう。

予約を受けるというのは釣具屋としてはやってはならないことだとも聞いた。でも遠方の方はそれでは可哀想だと思って予約を受けている。特にGTなどは日本中でも極少数の人しかやっていない。関東、関西の人なら近くに有力なお店があるだろうが、地方には少ない。そんな人にも使ってもらいたいから予約を受けている。予約を受けたあとの管理は大変だ。入ったら「入荷しました」と電話連絡をする。入らなかった人は「今回は数が少なくお取り置きすることができませんでした」とこれもまた電話連絡をする。そして台帳にもチェックを入れる。

先日東北のお客さんからメールが届いた。120を2本、160を2本予約いただいたお客さんである。

前後省略


 「昨今、yahooオークションを覗くとライブベイトγがとんでもない値段で売買されています。商売を度外視して一生懸命作っている小西さんのことを考えると我慢がなりません。
 先のメールでライブベイトγは注文分が全部そろった時点で通販してくださいとお願いしました。しかしながら前述のオークションで商売してる輩と同じにされては心外です。ライブベイトγは全部そろった時点で飛行機代を払って取りに行きます。仕事の都合で少々遅くなるかもしれませんが、その際には、オークションなどの目的でないことの証明として茂木さん自身から手渡ししてください。お願いします。」



もちろん「お気持ちだけで嬉しいから、わざわざ取りに来なくていいですよ」と返事を送った。
 


“プロショップMOGIは使わないでオークションに出す人に売る物はありません”

 


3月18日