故郷って
いいところだね。
先日、母の49日に行けなかったので、遅ればせながら実家に行ってきた。
ちょうどひな祭りの最中でたくさんのお雛様が。

姉、妹も近くに嫁いだので、すぐ駆けつけてくれた。

いろいろな話題に盛り上がっているときに、ふと新聞の切り抜き入りの田んぼの写真が目についた。
田んぼに大きく「ファイト」と書かれている。通りかかった人が不思議に思って新聞に投稿したらしい。たまたまその人は故郷起こしの事業でつまづき、落ち込んでいたらしい。それがこれを見て「もっと頑張らなければ」と思ったようだ。

実はその田んぼは俺の実家のものだった。「ファイト」という文字はモミを集めて作った。昨年の7月に母が癌で入院して、闘病生活を送っているときに弟が田んぼに大きな文字で作った。天国にいる父や、神様の目にとまれば・・・

弟は毎年この田んぼに何か書いているという。その前の年は「わ」だった。4人の兄弟も大きくなり、長男は大学へ、次女、2女、3女も高校、中学と成長した。そんな子供たちがいつまでも仲良くいてくれるように書いたのだろう。

俺の実家は今ではほとんど農業はやってない。でもこれを見たとき、今年の秋は稲刈りを手伝いに行こうと誓った。いつまでも続けてもらいたいからね。

上毛新聞 三山春秋

http://www.raijin.com/news/d/2007/01/25/column.htm

2007年3月28日