素人フライマンが挑んだクリスマス島@

その2 その3 その4 その5 その6 その7

クリスマス島といえばボーンフィッシュである。あまりルアーマンには馴染みのない魚だが、フライマンの間では崇拝されているような魚なのだ。だから俺にも、仲間にも一生縁がないだろうと思っていた(爆)

ところがある日、突然行くことが決定した。その張本人はコガジャである。コガジャ「茂木さん、クリスマスに行こうよ」。俺「えっ、あそこってフライフィッシングやるとこですよ(爆)」。コガジャ「そのフライでボーンをやりたいんだ」。俺「はあ〜???」。コガジャがこんなに行きたがるのは、宮崎のマルカさんの影響だった。前年にクリスマスに行ったマルカさんが「クリスマス最高!」とコガジャに言いまくったらしい。

そんなわけでコガジャに押し切られてクリスマス・フライフィッシングツアーを組むことになった。ちなみに某釣具屋にフライ関係は一つも売ってませんし、これからも売るつもりはありませんよ(笑)。
コガジャが「おおくぼさんも誘っておいて」と言うので、おおくぼさんは強制参加となった。まあこの方は元来フライマンだから心強い。でも最近は何釣り師だかわからなくなってるなあ(笑)
そういえば俺もフライはコスタリカのセイル以来になるような・・・なんと15年ぶりです(^^;

いつものようにムナディさんを通じてクリスマス島の申し込みをする。参加者は7名(うちフライマンはおおくぼさんだけ)規定のデポジットを払って予約完了となった。しばらくして1人キャンセルがあり、参加は6人となった。

しばらくして一つ目の問題が起こった。クリスマス島へは飛行機が飛ばなくなったらしい。さあ大変だ。いろんなところに問い合わせて確認するけど、確実な答えはなかった。領事館に問い合わせても「10月のことはわかりません」と。さらにいろいろ調べるとハワイで乗り継ぐのにアメリカの通過ビザが必要とわかった。早速その手続きを開始するが、いつも使っている旅行会社はお手上げ状態でまるっきり役に立たない。そこでビザ代行会社「グローバルエクスプレス」にお願いすることにした。

代行会社から来たメールには、アメリカ通過ビザとクリスマス島のビザ申請の必要事項が書かれていた。問題なのはアメリカで現在有効なパスポートと過去10年間に発行されたパスポート、背景が白の写真、ビザ申請書、ビザ補足申請書となっていた。さらに補足申請書には過去10年に渡航したすべての国、渡航年。現職に赴く直前の雇用主を2箇所(名称、住所、電話番号、肩書き、上司の姓名、雇用期間)。小学校を除いた学歴(学校名、住所、専攻、在籍年月日)。両親の名前、配偶者の名前、生年月日(離婚、別居も記入)。その他もろもろ・・・

なぜアメリカを通過するのにビザが必要なのか。昨年ブラジル、コスタリカと2回アメリカを通過したがビザは必要なかった。そのことをフリーライドアングラーズの更井君に聞くと「以前はアメリカVISAは必要なかったのですが、2年程前にエアキリバスがアロハエアのチャーター便からローカルのチャーター航空会社のリースになってから必要になりました。日米間のVISA相互免除プログラムは加盟航空会社・船舶のみに適用されます。アロハエアはVISA相互免除プログラムの加盟航空会社でしたが、現在の航空会社はVISA相互免除プログラムの加盟航空会社でないため、キリバスからホノルルに戻る時点で通過VISAなしではアメリカに入国できません。」ということだった。

アメリカ通過ビザの申請書類をすべて送ったあとに、今度は大使館で面接を受けなければならない。書類も審査が厳しく写真の背景が純白でないからと3回撮りなおされた者もいた。申請料金をアメリカ大使館に振り込み、さあ面接だというときに・・・

※この時点では、まだホノルル発のフライトが確定してない。なのにアメリカのエージェントには全額支払済みなのだ。飛ぶのか飛ばないのか?ほんとに行けるのか???
おおくぼさんが正真正銘のフライマン「小島さん」を釣ってきて参加は7名になったが・・・

9月上旬、アメリカのエージェントから来たメールに「フライトスケジュールが確定した。ホノルル発は10月18日でFJ823便」と。そこでFJという文字が目に入った。FJ=エアーパシフック航空である。早速、エアーパシフィック航空本社のホームページを見ると、ホノルル〜クリスマス間のフライトがアップされていた。9月20日が最初の運行で、週一便の火曜日だけ飛ぶようだ。少し安心だけど、まだまだ何が起こるかわからない(普通ならとっくに中止だろうな)。

エアーパシフッィツク便が飛ぶことになり、アメリカ通気ビザは必要なくなった。喜ぶ反面「あんなに苦労して申請書類を用意したのに」。ただし申請料金は戻ってこなかった。アメリカって横柄な国だからなあ。

9月下旬、またまた大問題発生!なんと20日、27日と週一便しかないフライトが飛んでないというのだ。おそらく乗客がすくなすぎるのでフライトキャンセルしたのだろう。俺たちの行く10月18日はとりあえず7名は乗るのだから・・・「お願いだから飛んで!」

待ちに待った出発日が来た。フライトは直前なのでJALの早い便が不確定だったのでチャイナエアラインにした。ホノルルに着くのが早いので、乗り継ぎに余裕があるのも選んだ理由だった。

ところがこの航空会社は問題が大有りだった。詳しいことは後日。現在も抗争中です(爆)

すったもんだの末、成田を出てホノルルに着いたのは18日の朝8時でした。

クリスマス島行きのゲートで待機。ガラガラです。全員「飛ぶのかなあ?」

待つこと1時間あまり

おー!飛行機が来た!

FJ823便はクリスマス島へと飛び立った。 乗客は17名です。
120人乗りのボーイング737なので実にゆったりだった(^^)

クリスマス島へ到着。

到着ターミナルです。いちおう国際空港です(笑)

トラックに荷物を積み込む。最後に人間も積み込まれた。

ミニホテルと言う名の小さな宿に到着。

クリスマスに到着できたので乾杯(笑)

 

その2へ